top of page

黄色の野菜

黄色い野菜は美容や風邪の予防に力を発揮します。


黄ピーマン、カボチャなどにはビタミンCがたくさん含まれています。


ビタミンCはコラーゲンの合成を助け、肌にハリをもたらします。


シミや小ジワを防ぎ、日焼けでダメージを受けた肌の回復も促すため、女性には嬉しい栄養素です。 同時にストレス緩和の効果もあるので、仕事で忙しい方に最適です。


また、ビタミンB群の中でもとくに B1、B6に強い抗AGE力があります。


実際、治験を行ったこともあるので 薬に近い効果が得られます。


B1の一日の必要量は男性で1.4mg女性で1,1mg 欠乏すると、足のだるさや倦怠感に襲われます。 昔は脚気という病気が多かったのはB1が不足していたからです。

戦後生まれの方のお話を聞くと感慨深いです・・・


B1代表的な食品 豚肉、うなぎ、玄米、そば、大豆、レバー、鶏肉など


B6の必要量もB1とほぼ変わりません。

B6は腸内細菌の合成によってつくられるので、不足することは少ないと言われていますが 抗生物質の使用などにより、腸内環境が低下すれば足らなくなります。


つづく


閲覧数:7回0件のコメント

Comments


bottom of page