top of page

不眠

不眠のタイプ

●早朝覚醒 寝つきは良いが、朝早く目覚めてしまう。(うつ病)や(老人性精神障害)などで見られる。


●入眠障害  寝つきが悪い状態で(神経症)に多い。


●熟眠障害 夢が多く、熟睡できなかったと訴える状態。


●中途覚醒 睡眠の途中で覚醒する状態。


基本的に、睡眠時間が多くても少なくても『日中に不調が出現』しなければ診断しない。


タイプ別の有病率は中途覚醒が多い。

高齢者では、60歳以上で頻度が高く、加齢に伴い不眠が増加していることが分かる。


【注意を要するもの】

●執着的傾向や脅迫症状など、異常な精神状態の見られるもの(統合失調症)


●早朝に目が覚めてしまう『早朝覚醒』朝は無気力で夕方にかけて元気が出てくる『日内変動』などの症状がある(うつ病)


●睡眠を妨げる薬の服用

降圧剤 甲状腺製剤 抗がん剤

日中の眠気を増加させる薬の服用(抗ヒスタミン薬)


注意

2種類の睡眠薬を併用しても改善しない場合は、専門医へ

不眠の原因には、精神疾患だけではなく、内科疾患もあるので、鑑別診断が重要。


胸苦しさ➡高血圧、心臓病

咳・発作➡呼吸器疾患

頻尿➡前立腺肥大

痛み➡関節リュウマチ

痒み➡アレルギー疾患

その他➡腎臓病、糖尿病、脳血管障害


急性の場合に考えられる疾患

一過性ストレス、睡眠を妨げる環境、薬物、疼痛、脳器質性疾患


入眠障害の原因

循環要因、心理的ストレス、むずむず症候群、睡眠相後退障害


中途覚醒

睡眠時無呼吸症候群、アルコール摂取、疼痛がある場合


日中に過度の眠気や集中困難がみられる

睡眠時無呼吸症候群、周期性四肢麻痺など、ほかの睡眠障害が疑われる。


誘因

精神的ストレスはなかったか

処方されている薬物の開始、変更はないか

引っ越しなど、住環境の変化は


全身症状の有無と内容

発汗、体重減少、動悸、貧血、足のひきつれ、むずむず感などの随伴症状はないか


生活歴

昼寝の有無、日中の運動量は


嗜好品・常用薬

アルコール、喫煙、コーヒー、常用薬の有無と量は


【実際の把握には(睡眠日誌)をつけさせる】


睡眠不足症候群

日常で慢性の睡眠不足となっているために過眠が出現。

平日は3~4時間、週末に10~12時間眠る人など


(まじめで有図が利かない人)が多く、仕事がひと段落するまでは遅くまで仕事をしたりとetc



●睡眠時無呼吸症候群

眠りだすと呼吸が止まってしまうため、目が覚め、一晩中繰り返すため、日中に強い眠気が出現する。

1時間当たり10秒以上の無呼吸が20回以上出現する場合を放置すると、心筋梗塞、脳梗塞、生活習慣病、眠気による事故などのため、(死亡率)が非常に高くなるので、要治療


●レストレスレッグス症候群

夕方から深夜にかけて、下肢を中心としてムズムズする、痛痒い、じっとしていると非常に不快を感じる。

中年以降の女性に多く、鉄欠乏性貧血や腎不全による(人工透析)を受けている人に多い。

布団の中でじっとしていられず、睡眠不足に


●周期性四肢麻痺

睡眠中に四肢の異常運動が生じて睡眠を妨げられる病気。

睡眠中に足がぴくぴく動く不随意運動が周期的に起こるため、頻回に脳波上の覚醒反射を生じ、夜間の不眠や日中の過眠が生じる。(レストレスレッグス症候群)と合併することが多く、年齢とともに増加する。


●致死性家族性不眠症(難病指定公費対象)

スペインでの報告が多く、日本では4家系で証明された。

家族性プリオン病で40~50歳代で発病する。予後不良。

発病初期から頑固な不眠と夜間興奮、記憶力低下、交感神経緊張状態(高体温、発汗、頻脈)などで発症し、やがてミオクローヌス、認知症を呈し、1年以内に高度の意識障害に陥り、呼吸不全を伴う。2年以内に死亡することが多い。


現代鍼灸による治療

精神的興奮を鎮静させ、さらに全身調整をはかり悪循環を断ち切る。

(神経症不眠)の場合、心理的な配慮はより重要になる


主に使うツボ

百会、シンエ、天柱、風池、完骨、肩井



心肝の清熱、精神の安定、煩躁など

太衝、行間、陽陵泉、肝兪、胆兪


腎、心

太谿、腎兪、三陰交、神門、心兪、大陵


胃・心

中カン、天枢、豊隆、レイだ、隠白



閲覧数:16回0件のコメント

Kommentare


bottom of page