top of page

月経異常

月経は、視床下部-下垂体ー卵巣系に関わる多因子による内分泌調節機構および子宮内膜の周期的変化により発来し、正常な流出路を経て月経と認識される。


これらの各部の障害により月経異常が生じる。


注意を要するもの

①不正性器出血を伴う場合、あるいは過多月経、過長月経など伴う場合➡子宮の腫瘍など


②帯下を伴う場合

感染症など


③月経痛が漸次増強する場合

子宮内膜症など


月経随伴症状の異常が適応となるが

1,稀発月経=月経周期が39日以上の場合

2,続発性無月経=90日を超えたもの

【鍼灸治療対象に入る】



閲覧数:2回0件のコメント

Comments


bottom of page