top of page

【腰痛】

腰痛は頻度の高い症状であるが、原因はさまざまである。なかには脊椎の炎症や腫瘍、動脈瘤、内臓疾患、婦人科疾患、心因性のものがあり注意が必要。

しかし、一般的には変形性腰椎症や椎間板変性に伴うもの、腰部筋疲労によるもの(姿勢性腰痛、筋膜性腰痛)が多い。


評価

姿勢、疼痛、可動性、

筋・神経の圧痛:脊柱起立筋、殿筋、上殿神経、坐骨神経

ラセーグ徴候。

下肢感覚障害:筋力低下

ADL、その他


評価後、仮説を立て治療部位を選出し治療。


外科的、内科的な腰痛は病院をすすめる。


セルフケア、生活指導。


終わり。

閲覧数:12回0件のコメント

コメント


bottom of page