top of page

膝関節=スクリュー・ホーム・ムーブメント

一般的に膝屈曲から伸展に伴う脛骨外旋。


膝関節最終伸展約30°前より起こる下腿外旋という現象。


膝関節は伸展している状態が中間位。


伸展から屈曲運動で大腿骨外旋(脛骨内旋)が生じます。


この状態から伸展していけば当然脛骨は外旋します。


中間位に戻るためには外旋しないといけないので


これが膝関節スクリュー・ホーム・ムーブメントと呼ばれる現象です。


ポイント

・外側顆の動きが内側顆に比べて自由

・MCL(内側靭帯)が頑固に内側顆と結合している。

・ACL(前十字靭帯)が緊張する

このほか膝に付随する筋肉により症状がでてきます。


前回の膝痛の患者様は、このように評価し仮説を立て 施術部位を割り当てました。

そうすると、痛みのある膝の反対の足の施術で痛みが取れる訳です。


東洋医学、西洋医学どちらも知っているとおもしろいですね。


閲覧数:48回0件のコメント

Yorumlar


bottom of page