top of page

腰痛年代別リスク10代

○腰椎分離症 おもに十代前半の成長期におきる病状で、腰椎の後ろ『椎弓』という部分の疲労骨折です。 腰を酷使するようなスポーツの動きを続けると、成長期の弱い骨は折れてしまいます。 初期段階なら、コルセットなどで腰椎を安定させておけば、骨は再びくっつきます。 運動している成長期のお子さんが腰痛を訴えたら、なるべく早く病院で検査を受けるようにしてください。 一般的なレントゲンでは初期の分離症は診断できないので、CTやMRIのある病院にいくことをおすすめします。 症状が進行すると、椎弓は折れたままくっつかなくなってしまいます。 競技に打ちこんでいるときほど自分から痛みを言い出せないケースが多いので、激しい運動をしているなら、親御さんや指導者から声をかけてあげてください。 https://youtube.com/channel/UCeTVMrFW_kGbEph23DKfk1w 腰痛年代別の動画↑ #佐倉市#ユーカリが丘#腰痛#肩こり腰痛#整体#慢性疲労#寝違え#ぎっくり腰#五十肩#鍼灸師


閲覧数:6回0件のコメント

Comments


bottom of page