top of page

美容鍼の経皮吸収

経皮吸収の促進。

鍼で細かい穴をあけることで、皮膚の経皮吸収が大幅に向上することが、科学的な調査研究で明らかにされました。皮膚の表面でバリア機能を果たしているのは、最外層にある角質層と呼ばれる部位です。角質層は水分や物質が外部から皮膚を透過して侵入するのを強固に防いでいます。そのため、いかに高価なスキンケア製品であっても皮膚のバリア機能をくぐり抜けて、体内に吸収されることはありません。つまり、バリア機能に起因した絶対的な限界があるのです。


一方、鍼が皮膚に刺入し、角質層に数多くの微細な穴をあけることで、物質が角質層のバリアを破って体内に侵入する経路が作られ、物質の吸収率が最大で10,000倍近くにまで大幅に向上することが、調査研究によって実証されています。


皮膚は自己治癒力による修復機能を持っているため、微細な穴は、数時間という短時間で修復され、バリア機能は回復されて感染を防ぎます。


このように鍼を用いることで、非常に効率的で、効果的に皮膚に物質を透過させるための経路を作ることが判明されています。


長い間、美容業界の専門家たちが追及してきた課題である『経皮吸収の促進』課題は、鍼という東洋の伝統的で、原始的な治療器具によって、容易に解決できるということです。


ただいま美容鍼キャンペーン中。


閲覧数:34回0件のコメント

Comments


bottom of page