top of page

笑いは免疫力を高める特効薬

良く笑う人は病気にならないはほんとうか?


笑うことは


大きな効用があります。


笑いは副交感神経を優位にします。大笑いした時には、涙や鼻水などが出てくるときがあります。


これは副交感神経が優位になったことによって、排泄・分泌が促進されるからです。


笑うことで脳内麻薬と言われるβエンドルフィンが分泌され、気分よくなります。


また、笑うと免疫細胞が活性化されます。たとえば落語を聞いた後には、がん細胞を攻撃するNK細胞が活性化することが分かっています。


笑いの効用は、体温が上がり、エネルギー代謝が滞りなく行えることでしょう。


笑いによる筋肉の運動で、熱が発生し、熱が血流によって体をめぐり、体温が上がります。


体温が上がると、体の中で起こる様々な化学反応、代謝を媒介する酵素の働きがよい状態になります。


すると、食べ物からエネルギーを摂取したり、古い細胞を新しい細胞に入れ替えたりする反応もスムーズになります。


結果、疲れも取れやすくなります。顔には赤みが差し、表情は明るくなり、全身はリラックスします。


笑いの種といえば落語でしょうか、お笑いでしょうかナイツの漫才でしょうか(個人的な(笑)


さあ皆さんも、口角を上げて免疫力を高めましょう~。


閲覧数:17回0件のコメント

Comments


bottom of page