top of page

月経困難症

いわゆる生理痛が、月経に伴う下腹部不快感、下腹部痛、腰痛が治療を要するほど強い場合をいう。


疼痛は子宮収縮により生じると考えられ、症状は月経開始の数時間から開始時に始まり、数時間から数日持続する。


現代鍼灸による治療方針は


自律神経系、内分泌系の機能を調節し、諸症状を改善・予防する。


下腹部、腰部・仙骨部などで圧痛、硬結などの反応がみられる経穴、反応点に施鍼・施灸する。

閲覧数:1回0件のコメント

Comments


bottom of page