top of page

最近はやりのオートファジー⑧

【糖質制限のデメリット】


成人が一日に必要な糖質170gといわれています。

ところが糖質を一日130グラム以下に制限してしまうと、身体は脂肪やタンパク質を構成しているアミノ酸を糖に作り替え、エネルギーにしようとします。


その結果、脂肪だけではなく筋肉量まで減ってしまいます。


若い人や肥満に悩んでいる人ならいいですが、それ以外の方は避けたほうがよいでしょう。


また、糖質制限をしかえって身体を壊してしまったり、病気になってしまったりする人もいます。


『糖質以外なら何を食べてもいい』と


肉類や油を使った料理を食べすぎてしまうと、血管に悪玉コレステロールなどの脂質がたまり、血管が狭くなり脳梗塞や心筋梗塞が起こるリスクがあります。


まずは無理をせず、一日一回でも食べない時間を作ることで、身体は脂肪細胞や肝臓にため込んでいた脂肪を分解し、エネルギー源にします。


最近の研究では、オートファジーはインスリンの分泌を促し、2型糖尿病を改善させる可能性があることが分かっています。


無理なく過度の食べすぎを避けてやってみましょう。


続く。





閲覧数:6回0件のコメント

Comments


bottom of page