top of page

大豆を忘れず食事に取り入れる。

畑の肉と呼ばれるほど良質なたんぱく質が豊富な大豆。

魚と並ぶイチ押し食品です。

たんぱく質のほかにも健康効果が期待できる様々な成分が豊富に含まれています。

血管を内側から強くするためには、大豆を毎日少しずつ食べ続けるとより効果的です。

大豆の加工製品は塩分が少ないことに加えて安価で調理の手間もあまりかからないことも魅力。

そして種類も豊富なので、毎日飽きずに食べることができますよね。

ぜひ大豆製品を冷蔵庫にストックしましょう。


大豆に含まれる たんぱく質は植物性で身体の細胞を生まれ変わらせ血管を強くする材料になります。

また、大豆はポリフェノールの一種である『大豆サポニン』や『大豆イソフラボン』といった特有の成分が含まれています。

これらの成分は悪玉コレステロールや中性脂肪を減らしてくれる働きをします。

このほかにも脳卒中や心筋梗塞の原因になる血栓を予防する、良質の脂質であるなど健康効果の高い成分が豊富なことも知られています。

さらに、血圧を下げる効果があるカリウムは、ほうれん草の次に豊富。

カルシウムは牛乳以上も吸収率。

そして新陳代謝をよくする亜鉛、糖尿病や動脈硬化を予防するマグネシウム『若返りのビタミン』といわれるビタミンイE、脂肪の代謝を促すビタミンB1、ビタミンB2など大豆は大豆はミネラルやビタミン類の宝庫。


おもに、大豆の水煮、豆腐、油揚げ類(豆腐を油で揚げた油揚げは脳梗塞を予防します)

血栓は就寝中にできることが多いので、夕食に食べるのが効果的です。

納豆などは1日1パックが目安です。(醤油はすくなめで)

以上を踏まえて大豆を取りましょう。



レイアウトがよくかわります。

閲覧数:54回0件のコメント

コメント


bottom of page