top of page

変形性膝関節症

以前、患者様症例で施術内容を少し書きましたが、今回は鍼灸師の治療を少しかきます。


変形性膝関節症は、中高年 女性に多いと言われますが原因が明らかではありません。

また(スターティングペイン)老化の第一歩、など呼ばれたりします。

症状も痛み出す年齢も千差万別で年齢だけが原因だけではありませんが、今回は一般的に行ってみましょう。


初発症状=膝の裏すじが張った感じ、坐位からの立ち上がり、階段の障害など

進行すると水がたまり 膝蓋骨が浮き上がる。О脚変形が明瞭となっていく。

内側壁が圧倒的に多い。破壊された軟骨や骨の細片が刺激となって骨膜炎症が起きて水がたまる。


治療方針=消炎鎮痛・血液循環の促進。緊張した筋に6寸または2寸 3番を刺入1Hzで筋が収縮する程度の強さで15分間 低周波。


治療穴=梁丘、血海、膝鼻、委中  圧痛点


また、ピーナッツオイルやセサミオイル+松の葉の油(パインニードル炎症止め)を4分30秒痛む場所へ塗り続けると骨髄まで炎症止めが届く。

と科学的立証データがとれています。


ステロイド=副作用があるのでやり続けることはおすすめできません。


2021/4/12㈪

本日はユーカリが丘 南口直結ジアクロ ボクシング キック フィットネスの福本代表が

差し入れを持ってお身体メンテナンス来てくれました。


経営者先輩なので話していて勉強になります。


ありがとうございました。

http://yh-boxinc.com/







閲覧数:63回0件のコメント

Comments


bottom of page