top of page

創造力を働かせる

脳から分泌される神経伝達物質の一つにドーパミンがあります。


脳の部分にはそれぞれ名前がついており 脳幹の中央部にはA,B,Cと名づけられた神経核のスタート地点があります。


そのうちの一つA10神経からは、ドーパミンが分泌されます。


ドーパミンには、神経細胞に快感と覚醒を与える働きがあります。


脳幹の中央部をスタートしたA10は食欲中枢と性欲中枢がある視床下部に入り活性化します。


その後、あらゆる精神活動の源の部位に入り、ドーパミンによって覚醒し、活動が活発になります。


その結果、脳は快感を得て、新しいアイディアが生まれてきます。


食べ物でいうと 代表的なものがカフェインやスパイスを含むカレーなどです。


適度な有酸素運動もドーパミンを促します。 (低負荷で息苦しくない程度を続ける)


IPS細胞で有名な山中先生は休憩時間、よく外を走っているそうです。


睡眠、運動、栄養、セルフケアが大切というお話でした。


昼、カレーにします(笑)




閲覧数:5回0件のコメント

Comments


bottom of page