top of page

アルコール分解シリーズ①

シリーズ【アルコール分解】 ●アルコールの吸収 アルコールは飲んだ量のおよそ20%は胃から吸収され、残りは小腸上部から吸収されます。胃や腸から吸収されたアルコールは、門脈を通って肝臓に送られ、そこで分解されます。 アルコールの吸収速度は速く、飲食後1~2時間ほどですべて吸収されます。 しかし、空腹の状態でアルコールを摂取した場合、アルコール吸収される速度がさらに速まり、血中濃度がすぐ高くなります。一方、食事をしながらアルコールを摂取した場合は、アルコールが胃にたまる時間が長くなるため、吸収がおそくなり、血中濃度の上昇が遅くなります。 アルコール濃度が上がる順に、ほろ酔い期、酩酊期、泥酔期、昏睡期といつ段階を踏んで酔っていきますが、血中のアルコール濃度が急激に上昇すると、酔っている自覚なしに飲んでしまい、一気に『泥酔期』や『昏睡期』という危険な状態になってしまうことがあるのです。 #千葉県#佐倉市#ユーカリが丘#姿勢改善サロンYukaritch#鍼灸師#寝違え#ぎっくり腰#五十肩#整体#美容鍼#肩こり腰痛#産後#骨盤矯正#O脚矯正#千葉市#八千代台#勝田台#志津#上座#宮ノ台#王子台#井野#印西市#酒々井#臼井#京成電鉄#駅近#パーソナルトレーニング#ヒット#アルコール


閲覧数:9回0件のコメント

Comments


bottom of page