top of page

アルコール分解③

【アルコール分解】シリーズ③ アルコール分解速度。 アルコールを分解する速度は、人によってさまざまです。 要因のひとつは肝臓の大きさで、大きい人の方が小さい人よりアルコールを分解する速度が速いといわれています。 また、体質によっても異なります。 アルコールを分解する酵素には、普段働くタイプ(活性型)と活性型に比べて働きが遅いタイプ(低活性型)酵素がまったく動かないタイプ(非活性型)があり、低活性型と非活性型はアルコール分解速度が遅いため、アルコールを飲むとすぐに酔ってしまうのです。 終わり。 #千葉県#佐倉市#ユーカリが丘#姿勢改善サロンYukaritch#鍼灸師#寝違え#ぎっくり腰#五十肩#整体#肩こり腰痛#猫背#産後骨盤矯正#O脚矯正#千葉市#八千代台#勝田台#志津#宮ノ台#井野#上座#王子台#印西市#印旛郡#臼井#酒々井#美容鍼#アルコール おさらい。 二日酔いは脳が麻痺。 アルコールは胃で20%小腸で80%吸収され、門脈を通り肝臓へ。 肝臓で分解しきれなかったアルコールは全身組織に運ばれて、再度肝臓へ。 肝臓でアルコールの90%が酵素により代謝。 酢酸は血液により全身組織に運ばれ、炭酸ガスと水に分解、尿、汗、呼気として体外からへ排出。



閲覧数:6回0件のコメント

Comments


bottom of page