top of page

【運動と高齢者】

開眼片脚立ち時間20秒未満の割合と関係


70歳前後を境に急増するのがバランス能力の低下傾向


加齢とともに早期から静的バランス(片脚立ち)は顕著に低下し、歩行速度(動的バランス)は75~80歳を過ぎると大きく低下してくる。


転倒予防の取り組み


バランス

床面に対して身体を安定し垂直型に維持できることを指す。


①視覚系

②前庭系

③体性感覚系


転倒予防リスクの軽減


筋力訓練や持久力訓練では静的バランスは改善しない。


運動療法による転倒予防効果をみたメタアナリシス


①訓練量が期間中50時間以上あること


②支持基底面を狭めた両脚起立あるいは片足起立での重心のコントロールを訓練すること


③歩行訓練を含まない


●バランス訓練の分類


静的

ダイナミックフラミンゴ療法

タンデム起立

つま先立ち、踵立ち


動的

つま先&踵歩き

後方&側方歩き

タンデム歩行

椅子からの立ち上がり

スクワットetc


散歩は転倒予防効果もバランス改善効果もなく区別すべきである。



ダイナミックフラミンゴ療法

大腿骨頸部への力学負担が2.7倍増


バランス能力に加えて骨の強化も期待できるトレーニングhttps://youtube.com/channel/UCeTVMrFW_kGbEph23DKfk1w




閲覧数:10回0件のコメント

Comments


bottom of page