top of page

【老化とテロメア】

人は脳神経など一部の細胞を除いて細胞分裂を繰り返しながら、古い細胞を新しい細胞に入れ替えています。


そうした新陳代謝を行うことで、体内の臓器や器官を維持しています。


しかし、細胞分裂の回数は、細胞ごとに決められています。


その細胞分裂の鍵を握っているのがTTAGGGという塩基配列を繰り返す

テロメア Tはチミン Aはアデニン Gはグアニンという塩基の略です。


赤ちゃんのテロメアは長いが、成長するとともにテロメアは少しづつ短くなっていきます。


老化を避けることはできませんが、テロメアが短くなるのを遅らせれば、老化のスピードは遅くなります。


現時点でテロメアを長く保つ保つことが出来るかははっきり分かっていませんが テロメアに悪影響を及ぼす要因は判明しています。


要因 喫煙、運動不足、肥満、糖尿病に伴うインスリン抵抗性 インスリンは血液中のブドウ糖が細胞に供給されるときに重要な役割を果たしますが、本来の働きをしないことがあります。


インスリンは抵抗性が強いほど、テロメアが短くなるといいます。



閲覧数:7回0件のコメント

Comments


bottom of page