top of page

【睡眠の質を上げる】

●寝るときは靴下をはかない。

体内の熱を発散するのは手のひらや足裏。睡眠時、靴下をはかないことでカラダに熱がこもらないように、足裏から熱を発散させます。


●寝る時間は一定にする。

一定の時間に寝ることを決め習慣づけると、その時間帯に自然と眠くなるスイッチが入る。

忙しくても寝る時間をセッティングして睡眠の効率を上げれば、身体の回復も促進されます。


●昼寝は30分以内。

仮眠で30分以上寝ると起きた後、能率が下がるという科学的立証データがあります。

また、起きてから16時間後、一度カラダは眠くなります。



朝起きたときに朝日を浴び、覚醒リズムを作りましょう。


私個人としてはオートファジーを始めてから食後、眠くなりづらい

カラダになりました。

経てして血糖値は下がりました。

仮眠は20分程度がベストでしょう。


姿勢改善サロンYukari tch初回限定2,980円



閲覧数:14回0件のコメント

Comments


bottom of page