top of page

【最大スピード向上の条件】


スピードが向上すると、最大パワーが上がり、最大パワーの立ち上がりが速くなる。

よって、パワーを生み出す時間が短縮される。


拮抗筋群ー主働筋群の相反神経支配の切り替えが速く、リラックス度が高まれば


より動きのスピードが高まり、トップスピードが速いものとなる。


そのためには、動きのリラクゼーションを高めるための訓練が必須。


訓練

タッチ・テクニックによる筋刺激の残余効果を使用する。

シュミレーション動作

最も働かせたい筋群に各運動部位・運動角度で刺激


そのチョクゴ、10~20秒間は刺激の効果が持続するので


効率的に身体が反応するように、脳にインプットする。


競技レベルの向上に有効な手段。


例)

サイドステップの場合、主働筋となる内転筋群/外転筋群を刺激




閲覧数:3回0件のコメント

Komentáře


bottom of page