top of page

【促通と抑制】

熟達レベルのアスリートの運動動作を調べると


筋の活動(興奮)が消える現象がみられる。


力を発揮する本の一瞬の


『ため』


これは以前も骨盤力でも書きましたが、ジャイアンツの坂本選手がとても良い見本となります。


ためを作るときに、神経ー筋が抑制となり、、促通(興奮)と抑制がうまく動いている。


滑らかな動作で効率よくパワーを発揮する能力が高いことの裏付けとされます。


熟達レベルが高いアスリートに共通することは


競技の途中でもリラックススペースを作れる。


緊張性の筋収縮の度合いが大きいほど


主働筋のみならず、拮抗筋群や協働筋群も過剰収縮し、動作スピードや動きのコーディネーションに支障をきたすが、


これを避けるために日常の運動時から訓練して


脱力を身につける。


●トレーニング方法

メディシングボールを用いてパワーエクササイズ


できるだけ速くスローイング動作を行い


ボールをリリースした瞬間


できるだけ速く脱力を繰り返し行うとよい。



閲覧数:7回0件のコメント

Comments


bottom of page