top of page

【ストレス対処の主要ホルモン】


ノルアドレナリン


アドレナリン


コルチゾール


すべて必要なものですが


ストレスにも人を前進させるものと


心身のバランスを崩すものがあります。


『良いストレス』

試合、プレゼン、商談、試験、目標を持ち、挑戦するときに感じる適度なプレッシャー

やるぞという気合が入り、心拍数や呼吸数が上がる。


『悪いストレス』

いやいややる

ネガティブ思考

自分には無理だ

他人の悪口

心が悲鳴をあげます(笑)

腹痛、不眠、様々な症状があらわれる。

必ずしっぺ返しが待っています。


緊張とリラックスのバランスを整えるほどに、自分本来の力を発揮できると言う訳です。

誰しもが才能に満ち溢れています。



●慢性的なストレスを避けるコツ

一日のうち一定の時間は穏やかに過ごす。


食生活を正す。食生活を正す。


ストレス要因から自分を遠ざける


自己分析


例)自分に厳しすぎる完璧主義者ではないか


人に多くを求め、期待しすぎることで

ストレスを増大させていないか


常に人と比べたり、不安や焦燥感に苛まれたりはしていないか



すっかり瞑想シリーズになりました

本日も良い一日を(^^♪






閲覧数:3回0件のコメント

Comments


bottom of page